帯広ニッキ

BackNumber(過去のニッキはこちら)

2018年6月22日(金)
ガラス作品の個展
ガラス工房フンベの勝野さんへ個展のお花を頼まれました。
しっとりとした色で展示のガラスを邪魔しない程度の色に
しながら今の季節を反映をしたお花にしましたよと。。。
中央のオフホワイトのバーベナがいい。。。

車のジムニーがどうもイマイチスピードが出ないので一ヶ月近くフラストレーションが溜まって
いたけど、今日何故か急にグググッと音がして『ターボ』が動き出しましたよと。。
(やっぱりターボが動いてなかったんだ。。。)
(ター坊じゃないよ。)
(誰??)
(だから。。。)
(フォーリーブス???)
(うぬー。。排気ガスの流れを使ってより過吸するシステムでキューンて音がするのよと。。。)
(どうにもこうにもブルドッグ。。。)
(わお!!)
(ターボ恐るべし。。。。)
2018年6月20日(水)
ウィローディアー
ウィローディアー(柳の鹿)
試しにみんなで作ってみました。。
こんなのを旭川市でしゃしゃっと作らないといけないのよと。。
(宮崎駿の世界だぞと。。。)

あ、そういえば前回の『つづく』はどこ行ったー!!と。。。
(つづかず???)
2018年6月20日(水)
黄色の水盤
生徒作品
2018年6月19日(火)
妹へのお花
一番ボクのお花を見ている妹の誕生日のお花。新しく器を考え、小さく生けて
その花止めの小さいオアシスを隠すのに河原に苔を採りにいきましたよと。
手間暇掛けてますよと。。。えへへと。。
庭のお花とお花屋さんお花とコンビネーションもなかなかいい。。。

土曜日。姪の結婚式で一生懸命にブーケを作ったらとんでもなくイイことに。。。
つづく。。。(つづく???)
2018年6月13日(水)
ブルースカイブルー
丁子草が庭でぴかぴか光っている。緑の中に青や紫のお花があるとはっとするのは何故だろう。。
(毎年言ってる。。。)
(ブルースカイブルー毎年言ってる??)
(今年は特別??)

先日、札幌から絨毯屋のさとうちゃんが帯広で絨毯の展示会を一週間していたので、
いつもの建築家の家で飲み会になりました。
その前から告示されていたのだけど、TVHの番組『美の巨人たち』で16日の土曜日の夜10時から10時半で
沖縄の名護市役所の建築を取り上げた番組に建築設計をした『いつもの建築家』が出演するらしい。。。
嬉しいなあ。。。と。どんな風に取り上げられるのか興味津々。。。
ありがたいありがたいと。。。
2018年6月9日(土)
しぶしぶお花アレンジ
渋いアレンジメント。こういう大人色を喜んで頂ける方なのでお作りしましたよと。。
(このバラ最近よく使っておりますねと。。)
(しぶしぶに使ってる??)
(しぶーいので使ってますと。。)

朝が暑くてボタンダウンシャツ一枚でアトリエに行ったら夜もの凄く寒くてバンビちゃんの様に
震えていたよと。。
(完全にバンビちゃんいらない。。)
(じゃトナカイで。。)
(トナカイは震えない。。)
(ふーん。。)

8月に旭川で柳で鹿を作るリーダーに任命されてあたふたしておりますと。。
パンの次は模型技師。お花どこいったーと。。
(バンビちゃん???)
(親。。)
2018年6月6日(水)
ふわっふわしあわせスモークツリー
いいねスモークツリー。ふわっふわ。手前のカンガルーポーのグリーンとジニアのワインレッドが大人の 雰囲気を出しておりますと。。。ふわっふわ。。。

庭仕事を真剣にやりはじめると終わるコトのない戦いの様で、毎日雑草を抜いても抜いても
どんどんびゅーびゅー出てきて抜くのにひと苦労。真剣にやればやる程に戦いのようになるぞと。。。
彼らの生命力ったらねえ。。。それでもまじめに雑草を抜いているとなかなかオモシロい庭になってきたかなと
思います。。。自分だけの感覚の庭。。ちょっと見えてきましたよと。。

住んでいるトコロの近くにいつもエゾリスが居て朝に出会うとハッピーな気分に
なっていたけど、今日は朝ベランダにインコの大きのが居てびっくりだったよと。
オカメインコなんだとどうして居る??こっちを見てずーっと居るぞとどうしてくれる??
出勤しないといけないからそのままに。。。
帰ってきたらそりゃあ居ないかと。。。がんばって生きてねオカメさん。。。
(間違ってどこかの部屋を出てしまったのかねえ。と。。)
2018年6月3日(日)
今年のすずらん
野生のすずらん。いつものすずらん。クマさん居そうだったからちょいと最近怖いよと。
でも命がけだからこそ価値があるのかもと。。
いい香り。。。よっ!!日本一!!
(日本一なんだ??)

さあ、最高にいい季節の6月です。たのしみまひょと。。。
前月へ
topに戻る

Since Jan.28, 2005
Copyright © 2005-2018 Toru Oda all right reserved.

.